キャリアアップ実現に向けた
待遇・制度面の充実

新卒の支援員は総合職としての採用となります。生活を支える生活支援、一般企業への就労支援、社会参加を実現する就労支援、ソーシャルワーク推進を担う相談支援、財務管理や福祉制度に精通した事務職等、様々な業務を経験して頂き総合的な力を有するスタッフを必要とするからです。またキャリア形成としては国家資格を取得し専門性を高める「専門職」、法人の理念・目的を果たすためマネジメントを実施する「マネジメント職」、経営陣の補佐を行う「法人運営スタッフ」等が想定されます。入職1年目から「研修休暇」が付与されたりとキャリアを描きステップアップしていくための教育・研修体制が整っています。

Recruit

当法人が運営する各事業所において、障害(児)者の生活支援、就労支援を行っていただきます。
現場で経験を積んだ後は、国家資格を取得し、より専門性を高める「専門職」、サービスのマネジメントを行う『サービス管理責任者』、法人運営をサポートする本部スタッフや、相談支援を行う『相談支援専門員』『ケアマネージャー』等のキャリアアップを目指してもらい、法人の未来を担う人材となり活躍することも期待しています。